【無料でもらえる】幼児向け学習教材はこちら

【1歳&2歳のお絵かき】おすすめおもちゃ3選と親が注意すべきこと

1歳2歳のお絵かきおすすめグッズ知育
1歳児ママ
1歳児ママ

子供が1歳になったけど

お絵かきって何から始めたらいいのかな〜?

初めてだとグッズもたくさんあって迷うよね


うちの年長の娘は毎日お絵かきをしている

お絵かき大好きっ子です。

そんな我が子がお絵かきを始めたのは1歳のとき。

どんなお絵かきグッズを使ったの?

どんなことに気をつけたらいいの?

気になるこれらの点についてお答えします。

この記事はこんな人向き
  • 子供の想像力を育てたい人
  • こどもに楽しくお絵かきさせたい人
  • はじめてのお絵かきグッズに何を買おうか迷っている人

1歳や2歳の子がお絵かきするときに気をつけること

1歳、2歳の子供がお絵かきするときに

親が気をつけることは3つあります。

安全であること

1歳のこどもはまだ手に持ったものを

口に入れてしまうことがあります。

お絵かきグッズを選ぶときは

  • 口に入らない大きさのもの
  • 万が一食べてしまっても体に害のないもの

を選びましょう。


子供がのびのび描けること

1歳、2歳くらいだとまだ上手にクレヨンを

握ったり描くことができません。



画用紙からはみ出て「も〜!」と

イライラすることがないように

大きめサイズの紙を用意することをおすすめします。

ペラペラの紙だとすぐクシャクシャになるので

画用紙を使った方がよいです。

100均の画用紙で十分です

下に新聞紙を敷いておくのも良いですね。

親が楽しむこと

どうしてもお絵かきをすると汚れが気になったり

片付けが面倒だったりしますよね。

そんな人はマグネットボードを使うのも手です。

親がイライラしていては

こどもは自由にお絵かきできません


ちょっとくらい汚れても大丈夫!という

強い気持ちを持ちましょう。

1歳や2歳のお絵かきにおすすめなグッズ

我が家で実際につかったお絵かきグッズを紹介します。

1歳や2歳のお絵かきにおすすめなグッズ①ベビーコロール

1歳を過ぎた頃からこどもはお絵かきができますが

間違って口に入れたりすることもあるので

食べられない大きさであることが重要です。

そしてまだペンを持つのは難しいので、小さな手でも持てる

持ちやすい形にこだわったベビーコロールがおすすめです。

1歳4ヶ月の子のお絵かき

ベビーコロールというクレヨンは

子供でも持ちやすいように設計されているので

1歳児でもしっかり持つことができます。




クレヨン以外の使い道として

並べて積み木にしてみたり

「これが○色だよ〜」と色を教える導入にも

ぴったりです。

積み重なったクレヨン

4年くらい使ったらこんな感じになります。




机から落ちても割れたり欠けたりすることのない

丈夫なクレヨンです。



1歳や2歳のお絵かきにおすすめなグッズ②みつばちクレヨン

赤ちゃんはまだ何でも口にするので食べても安全な

体に害のないものというのも大事です。

中でもみつばちクレヨンがおすすめです。

クレヨンの対象年齢は3歳からが多いですが

大人がきちんと見守るならば

少し早めにお絵かきデビューしても良いと思います。

1歳や2歳のお絵かきにおすすめなグッズ③磁石で書けるボード(おえかきせんせい)

ペンを持つ練習として磁石で書けるボードも有効です。

おしゃれで可愛いもの、飾って楽しいものもありますが

お絵かきを純粋に楽しむのであれば

画面が大きく、思いっきり書けるものが良いです。

マグネットボードにお絵かきする子

これはトイザらスで買ったメガサイズのものですが

低年齢だと画面を踏んだりする

アクシデントもあるのでこれで十分です。



我が家はマグネットボードだけで3つ買いましたが

最も良かったのは昔からあるおえかきせんせいでした。

中でも2色使い(黒色と赤色)で遊べる

2カラーせんせいを一番よく使いました。

1歳7ヶ月の子が描く絵

今調べたらなぜか価格が高騰していました。

(廃盤なのか?)

なぐり書き&ペンを持つ練習に

お絵かきボードはピッタリです。

こちらのお絵かきせんせいでも

十分効果を発揮すると思います。

1歳や2歳の子が描いたお絵かき作品を飾ろう

子供が一生懸命作った作品は

部屋に飾ってあげまましょう。

壁の一角にでもいいので

○○ちゃんのさくひんてん」という名前で

飾ってあげると子供はとても喜びます。

壁に飾られた子どもの絵

子供が頑張って描いた絵を飾るのがポイントで

「また描いてみよう!」という

気持ちを起こさせます。

また、1歳の手形や足形も

貼ってしまうとアートっぽくなります。

赤ちゃんの手形アート

100均のマスキングテープで貼ってます。

賃貸のお宅でも可能ですね。

手形や足形は初めての絵の具体験にピッタリです


ハロウィン工作のおばけポスター

スタンプや筆を使うと時間がかかるので

要らないお皿に絵の具を垂らしてからつけると

手間もかからず綺麗に押せます。



【1歳&2歳のお絵かき】おすすめおもちゃ3選と注意すべきことまとめ

1、2歳がお絵かきするときに親が気をつけること

①安全であること

②子供がのびのび描けること

③親が楽しむこと

おすすめグッズ

  • ベビーコロール
  • みつばちクレヨン
  • マグネットボード
    (おえかきせんせい)


描くことは子供の想像力を養うのにとても大切です。

親子で楽しく、子供の方から描きたい!と思わせる

そんな環境を用意できたらいいですね。




クレヨンデビューした後はこちら。


この記事でおすすめの商品はこちら

知育
この記事をシェアする
ちいこをフォローする

Twitterでは

ちいこ(@chicotton10)で

ブログ更新情報をつぶやいてます

気軽にフォローお待ちしてます★

我が家のおすすめ幼児通信教育
幼児ポピー

幼児ポピーはワークの質が非常に高く
各ページに思考力を育てる工夫が散りばめられていて
こどもが楽しく取り組むことができます。

毎月届く絵本にはシールが豊富にあり
工作や付録も充実しています。

デジタルコンテンツを使って
お話を聞いたり運動遊びをすることもできます。

親が子供にかける言葉がけが表記してあるので
親子で一緒にコミュニケーションをとりながら
学習しています。

980円と低価格なのも魅力的です。

最小限の費用で教育効果を高めたいというご家庭や
おもちゃはいらないというご家庭、
第二子以降のご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

こどもちゃれんじ

赤ちゃんの頃から遊びながらキチンと学べる教材です。

歯磨きやトイレトレーニングといった生活習慣で
何度もしまじろうに助けられました。
読み書きや論理的な思考を養う学習面では
ワークや知育玩具を使って楽しみながら学んでいます。

こどもちゃれんじのおかげで特に習い事もせずに
家庭で質の高い教育ができています。

知育玩具もあることから第一子の時に購読すると
長い目で見てお得です。

↓体験談はこちら

Z会幼児コース

体験型学習に力を入れていて子供の「なぜ?」を育てます。

伸び続ける学びの芽=【あと伸び】を育てることを目標に
ワークで学力の基礎をつけながら
体験教材のぺあぜっとで体験的な学習を学びます。

平日はワーク、休日は体験教材というように
学習時間を分けてできるのも特徴です。

こどもの好奇心を広げたいご家庭や
座学プラス観察実験や食育を深めたいご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

おうち学園