☞無料でもらえる幼児教材一覧はこちら

時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法【体験談】

簡単に時計がよめるようになる方法知育

時計が読めない子供が簡単に読めるようになる

方法を紹介します。



こどもと過ごしていると急かすことが多いですよね。

「あと何分で家を出なきゃ!」と親が焦っていても

当のこどもはどこ吹く風で

おじゃる丸並みにゆったりしたり。

急いで〜!

うちも昔はそうでしたが

こどもが時計を読めるようになると

そんなこととはオサラバ!



この記事では時計を読めなかった我が子たちが

簡単に時計を読めるようになった方法を紹介します。

この記事はこんな人向け
  • 時計が読めないお子さんがいる人



時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法①リビングの時計を変える

みなさんのリビングには

時計が置いてありますか?

それはどんな時計ですか?


毎日必ず目に付き、こどもと過ごす時間が多い

リビングの時計を変えると一番効果的です。



大きさや場所を考えると

リビングの掛け時計を変える

ことをおすすめします。

我が家は文字盤のところに

絵が描いてある時計でしたが

見にくかったので変えました


こどもが読みやすいように

まずはリビングの時計を変えることにしました。

こどもが読みやすい時計とは?
  • アラビア数字であること
  • 数字が大きいこと
  • 背景が白であること
  • 分が刻んであること
  • 分の表示があること

アラビア数字であること

当たり前ですがこどもが読むには

アラビア数字1、2、3といった形)

でないといけません。


ドラクエのようなローマ数字(ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)は

こどもには難しすぎます。

数字が大きいこと

インテリア的に数字がないものが

たまにありますが

これはこどもには論外です。

遠くからでもはっきりと見える

数字が大きなものを選びましょう。

背景が白であること

時計の後ろに絵や飾りがついていると

文字に絵がかかっていたりして

邪魔することがあります。

背景は白(または無地)が好ましいです。

分が刻んであり、表示があること

何時かわかっても「○分」の感覚を養うには

やはり分刻みのものでないとできません。

5、10、15、20…と5分刻みの表示

あるものがおすすめです。


具体的にはどんな時計?

以上たくさん条件を挙げましたが

それらを全て叶える時計があります。

それがふんぷんくろっくです。

レムノスのふんぷんくろっく

針が鉛筆の形をしていて先が赤色で目立ちます。



「○時5分」と読まないといけないところを

「○時1分」と読んだりする間違いがありますが

これにしてから

長い鉛筆の先はどこかな〜?」と言うと

必ず分のところにある数字を読むようになりました。



5刻みに数字が書いていますが点々で1分も刻んであるので

指折り数えながら細かい分も読むことができます。

インテリア的にもシンプルながら

こどもっぽすぎないので

本当におすすめです!



ふんぷんくろっくのデザイナーは子育てママさんで

モンテッソーリ教育専門家の協力を得て開発に取り組んだらしく

2019年度のキッズデザイン賞を受賞しています。




数の敏感期にある子供たちが

「自分から読みたくなる」アナログ時計です。



時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法②時計の絵本を読む

時間を教える本はたくさんありますが

問題集のような堅苦しい本よりも

物語の方がすっと頭に入ります。


そこでおすすめするのがこの絵本です。

この本、なんと1979年創刊のもので

私もこの本で幼稚園時代に時計が読めるようになったそうです。(by母)

いまなんじの絵本

年季が入ってますが内容は現役です。

おおまかな内容

かえるえん みどりぐみのけろくん

体が時計のとけいおじさんと時計をお勉強します。

けろくんが朝ご飯を食べて かえるえんに行くところから

夜寝る時間まで 時計おじさんと一緒に過ごします。




この本の良い点は

  • 絵が優しいタッチ
  • 幼稚園児の過ごす一日が想像しやすい
  • 時計の読み方を説教っぽくなくサラッと教えてくれる
  • 弟のころたんが隠れキャラで
    ウォーリーを探せみたいになっている

という点です。


時計の絵本で時間を学ぶ子ども
7時には朝の7時と夜の7時があるんだよ〜

息子に読んでいると必ず娘も寄って来ます。

そのくらいお気に入りの本です。


時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法③時計に触れる

実際に時計に触れて針を動かす

アナログな方法も有効です。

くもんの小学1〜3年生の

時こくと時間という本がおすすめです。

ドリルは小学生用なので幼稚園児には難しいですが

この付属の時計が素晴らしいです。

くもんの時間と時刻の付録の時計

こどもが間違えやすい『何時』の範囲を

赤白で分けているので

一周するまでは○時という感覚を

実際に針を回しながら体感できます。

これを使ってから娘は

「○時」の部分を間違えることが

各段に少なくなりました




分も一目盛りづつカチカチっと音が鳴り

1分の感覚を指先で養うことができます。




こどもちゃれんじすてっぷキッズワーク2月号

我が家はこどもちゃれんじを受講していますが

付録の時計も役立ちました。


時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法④デジタル時計で答え合わせ

アナログ時計を読むのが難しくても

デジタル時計はサッと読めるこどもが多いかと思います。

アナログ時計のすぐそばにデジタル時計を置いておけば

いつでもこどもだけで答え合わせができます。

デジタル時計は読みやすい

12時間表記にしておきましょう



我が家は無印のデジタル時計を置いています。

無印良品のデジタル時計

温湿度計付きの電波時計で、私が買った時より

値下がりしているのでおすすめです。

スペックはこちら。(無印サイトに飛びます)

時計が読めない子供が簡単に読めるようになる方法まとめ

子供が簡単に時計を読めるようになる方法

①リビングの時計を変えよう

②時計の絵本を読もう

③時計に触れよう

④デジタル時計で答え合わせしよう

小学1年生でも時計の読み方を習いますが

時間の感覚を身につけるのに

早いに越したことはありません。



見通しをもって、ゆとりある計画ができるよう

ぜひお子さんとご家庭で試してみてくださいね。



この記事のおすすめはこちら。


\キッズデザイン賞受賞/