☞無料でもらえる幼児教材一覧はこちら

【英検5級の勉強法】小学1年生で合格!やって良かった4つのこと

小学一年生の英検5級合格体験談知育

この記事では小学1年生の娘が5月実施の

英検5級に合格した体験談を書いています。




ニュースなどで英検の合格記録を見ると

幼稚園の年少さんで英検5級に合格した子や

中には年長さんで英検2級に合格した子もいます。




我が家はそのようなスーパーキッズではありません。




昨今の早期英語教育の流れも相まって

小学一年生での英検5級合格は

さほど珍しいことではありません。




そんな中でこの記事を書こうと思ったのは

娘が帰国子女ではない純日本人で

英会話教室や公文、DWEといった教材を

使わずに合格することができたからです。


英検5級の合格証



この記事でわかることは

低コストで英検5級に合格する方法です。





我が家で英検5級合格にかかった費用は

2,000円でした。

低予算で英検5級に

合格させたいという方は

ご覧ください。




英検5級は小学生でも合格できる?注意点は2つだけ

英検公式HPにも書いてあるのでさくっと確認します。


英検5級の内容
  • 書く問題 25問(25分)
  • 聞く問題 25問(20分)
  • どちらもマークシート形式(3〜4択)
  • 面接や作文はなし
  • スピーキングは希望者のみ(合否関係なし)



英検5級の内容は中学一年生くらいで

英語を始めたばかりのレベルです。




基本的な挨拶や単語を押さえておけば

十分合格することができます。




小さな子どもが英検を受験するときの

気になるポイントは2点あります。




  • 一人で1時間程座って集中することができるか
  • 解答欄にきちんとマークできるか

この2つです。

名前や受験番号、電話番号などは

親が代筆することができますが

それ以降の問題は子供が自力で

記入しなければなりません。




わからない問題があってもパニックにならず

わかる問題から解いていくことができるかや

物を落とした時などに監督者に言えるかどうか、

マークシートに間違えず記入できるかどうかなど

どちらかというと試験以外がメインになります。


我が家は幼稚園児のうちは

英検を受ける必要はないかなと

いう方針だったので

小学生になってから受けました。






お子さんの特性や英語への興味関心度によって

英検をスタートする時期を見極めたいですね。




英検5級を受験する前に英語の基礎力をつけよう

タッチペン絵本で遊ぶ女の子

我が家は子どもが0歳の頃からゆるく

おうち英語を始めました。


これは英検のためというより

英語学習の基礎作りのためです。





ちなみに我が家のおうち英語のロードマップは

以下の通りです。

0歳から6歳のおうち英語の進め方




フォニックスやサイトワーズって何?という方は

英検を受けるよりも先にこれらを学習した方が

効果的に英語を習得することができます。





0歳から6歳までの各年齢で何をしたのか

詳細はこちらにまとめています。

どれも低予算でできることばかりです。



【英検5級の勉強法】試験対策でしたことは4つ

英検5級の試験対策としてしたことは4つです。


  • 英検の単語帳を声に出して読む
  • 英語のリスニングアプリを聞く
  • 英検の過去問を解く
  • 英検の問題集を解く

以下で詳しく紹介します。



英検5級の勉強法①英検の単語帳を声に出して読む

英検の単語帳でお馴染みの

旺文社のる順パス単5を使いました。

基礎単語の確認のために購入しました。



単語帳の学習方法は、娘さんが公立高校から

オックスフォード大学に現役合格した

廣津留真里さんの著書

『成功する家庭教育 最強の教科書 

世界基準の子どもを育てる』を参考にしました。




低学年の子どもは漢字が読めないので

ルビを赤色で書き込み

メインとなる意味に丸印をつけました。


英検5級の単語帳

子どもが隙間時間に一人でも

パラパラと見ることができました。




単語をゲーム感覚で覚えるために

自作の単語カードを使ってみたり

アプリを使ったりしました。


GoodNotesの単語帳機能

GoodNotesの単語帳機能は手書きで記入できます。

子どもが読むのでひらがなにしています。

隙間時間にゲーム感覚で楽しみました。




単語アプリはいろんな種類が出ているので

各ご家庭で使いやすいものを

選ばれるといいですね。



英検5級の勉強法②英語のリスニングアプリを聞く

無料アプリの『英検リスニングマスター』

リスニング対策をしました。

幼児向けアプリでお馴染みのわおっちのものです。



英検リスニングマスター

英検5級のリスニングは大問が3つありますが

それぞれを網羅してあります。




5問ずつのステージモードと

本番と同じ25問通しの実践モードがあります。

リスニング対策はこれ一つで十分です。

英検リスニングマスター 5級4級

英検リスニングマスター 5級4級

WAO CORPORATION無料posted withアプリーチ




詳しい使い方はこちらの記事に書いています。



英検5級の勉強法③英検の過去問を解く

英検5級の過去問

英検の公式HPに過去の問題が

3回分載ってあるので印刷して使いました。

無料だしリスニング音源も流せるので

活用しない手はないです。


英検5級の勉強法④英検の問題集を解く

英検5級の予想問題

過去問3回だけでは物足りないかなと思い

一冊だけ問題集をやりました。


マークシートはコピーして

何回か使えるようにしました。




買った後に気づきましたが、

我が家にはCDプレイヤーがなく

パソコンで聞くしかありませんでした。

(何気に準備がめんどい…)





CD音源がアプリで聴けるタイプの方が

手軽で良いかもしれません。

これも良書ですね。





単語帳1,045円、問題集990円(税込)で

英検5級合格にかかった費用は

約2,000円でした。




我が家は弟にお下がりする予定なので

実質1,000円と経済的でした。



小学生の英検5級はチャレンジする価値あり

我が家は娘が小学一年生になってから

英検受験を始めました。




子どもの早期英検受験に関しては

賛成・反対、様々な意見があると思いますが

私は英検合格が学習のゴールではなく

目標達成のための手段になっているならば

チャレンジすることに賛成です。


我が家は娘がやってみたい!と

言ったことがきっかけです。





英検合格はあくまで通過点にすぎません。





子どもの英語に対する成功体験を増やして

モチベーション向上に繋がるならば

英検5級は良いきっかけになるかもしれません。


この記事のおすすめはこちら