【無料でもらえる】幼児向け学習教材はこちら

【RISUきっず体験談】評判や口コミ通り?年少&年長がやってみた

RISUきっず年長年少体験談通信教育

3歳から日常的にiPadを使っているわが家。

通信教材の幼児ポピーやこどもちゃれんじを受講していますが

タブレット学習にも興味があり色々試しているところです。




そんな折、タブレット学習教材のRISUきっずさんから

「教材をお試ししてみませんか?」と依頼が!




娘に聞いたら「やってみたい!」と即答し

私もプレジデントファミリーなどで見ていて

興味があったのでお試しすることにしました。



以下は忖度なしの正直レビューです。

使用感を写真たっぷりに書いているので

RISUきっずやタブレット学習が気になる方は

参考までにご覧ください。




結論からお伝えすると

年長の娘も年少の息子も算数の基礎力が伸びました。


クーポン付きの1週間のお試しキャンペーンはこちら


  1. RISUきっずとは?何歳からできる?
    1. RISUきっずのお試し体験で届いたもの
  2. RISUきっずの評判や口コミ
    1. RISUきっずの良い評判や口コミ
    2. RISUきっずの悪い評判や口コミ
  3. RISUきっずの学習内容や到達レベル
  4. RISUきっずの口コミ(感想と効果)
    1. RISUきっずの感想 年長と年少の最初の取り組み
    2. RISUきっずの効果 1週間経過してできるようになったこと
  5. RISUきっずを体験して気づいた良い点・悪い点を口コミ
    1. RISUきっずを体験して感じた良い口コミは5つ
      1. RISUきっずを体験して感じた良い口コミ①スモールステップで理解しやすい
      2. RISUきっずを体験して感じた良い口コミ②子どもが自分で丸つけできる
      3. RISUきっずを体験して感じた良い口コミ③動画やメールのサポートがある
      4. RISUきっずを体験して感じた良い口コミ④読み上げ機能がある
      5. RISUきっずを体験して感じた良い口コミ⑤ご褒美がある
    2. RISUきっずを体験して感じた惜しい所を口コミ
      1. RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ①解答欄や選択欄が小さい
      2. RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ②指示ボタンに漢字が使われている
      3. RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ③タッチペンの精度がイマイチ
  6. RISUきっずのお試しをおすすめするのはこんな子
  7. RISUきっずの料金
  8. RISUきっずクーポンでお試し体験してみよう

RISUきっずとは?何歳からできる?

RISUきっずは算数に特化したタブレット教材

年中さん、年長さんを対象にした通信教材です。

小学校からはRISU算数という教材もあります。



専用のタブレットを使ってWi-Fi経由で

最適な学習プログラムを提示しています。

RISU専用のタブレットなので

RISU以外の動画を見ることはできません。

RISUきっずのお試し体験で届いたもの

RISUきっずのタブレットとタッチペン

RISUきっずのお試しで届くのは以下のものです。

  • RISUきっず専用タブレット
  • タッチペン
  • ACアダプター
  • 説明書
  • 算数検定のお知らせなど

※我が家は年長、年少にそれぞれ1台ずつ頼んでいます。

RISUきっずのタブレットとiPad Proの大きさ比較

タブレットの大きさはiPad Proと同じです。

RISUきっずのタブレット

タブレットに革のカバーが付いていて

立てて使うこともできます。



RISUきっずのタッチペン

タッチペンは赤と青が届きました。

赤はRISUの刻印があり青は市販のタッチペン

aibowです。

ペン先はどちらも丸いです。



RISUきっずのタッチペンとApple Pencil

Apple pencilと比べるとだいぶ短めです。

子供の手に合うように配慮されていますね


RISUきっずの評判や口コミ

RISUきっずの評判や口コミはどうなんだろう?と

始める前に調べてみました。

RISUきっずの良い評判や口コミ

RISUきっずの良い評判や口コミ
  • 小学1年生で習うような算数の力がつく
  • タブレット学習なのでゲーム感覚で取り組める
  • 短時間でも取り組むことができる


タブレット学習であることや

算数に特化していることに

満足している人が多いようです


RISUきっずの悪い評判や口コミ

RISUきっずの悪い評判や口コミ
  • 料金が高め

料金を高めだと感じている人が多いようです。

実際は他社と比べると安い方なんですけどね。

(のちほど詳しく説明します)


RISUきっずの学習内容や到達レベル

RISUきっずは75問×12ステージの全900問あり

幼児の算数レベル的には高いです。


RISUきっず最終ステージを終える頃の到達レベル
  • 1〜50の数え方と並び
  • +5までの足し算
  • −4までの引き算
  • 2桁±2までの足し算・引き算
  • 比較(大小・長さ)
  • 時計の読み方(アナログ・デジタル)など



2桁の足し算・引き算は完全に小学1年生2学期の内容です。

全ステージ終わる頃には

かなりの先取りになります


RISUきっずの口コミ(感想と効果)

タブレット学習のRISUきっずをする幼児

年長の娘と年少の息子がRISUきっずを体験した感想を口コミします。



2人の受講前の算数レベルは以下の通りです。


年長娘

1から100まで数えることができる

足し算は合計が10以内(両手で収まる範囲内)ならできる

引き算はしたことがない

時計は読める


年少息子

1から20まで数えることができる

足し算・引き算はしたことがない

時計は読める



我が家のRISUきっずをするときの決まり
  • リビングのテーブルでする。
  • 声に出しながら取り組む
  • 10分から30分を目安に自分がやりたいところまでやる



RISUきっずの感想 年長と年少の最初の取り組み

RISUきっずのチュートリアル画面

最初にRISUきっずの使い方の説明があります。

名前が書いてあるので自分のタブレットだ!と

実感することができます。


RISUきっずのステージ画面

ステージ1から順に取り組みます。

年長の娘はもともと数に対する興味があり

最初に一緒にやってやり方を学んだ後は

1人でどんどん解いていました。

自分からRISUやってみたいと言うだけあって

毎日30分くらい解いていました




年少の息子はかなりマンツーマンで見ました。

タッチペンを使った経験があまりなかったので

まずはペンの持ち方から始まりました。


数字を20までしか数えたことがなかったので

30までの数を正確に数える問題に苦戦しました。

何度も声に出しながら一つ一つ数えました。

数字を当てはめる問題は得意なようで

1人でどんどん解いていました。


RISUきっずの効果 1週間経過してできるようになったこと

使い始めて1週間経った頃RISUきっずの効果が現れ始めました。

年長の娘は指を使わずに10以上の足し算を

することができるようになりました。



一の位と十の位を完全に理解し

繰り上がりの計算ができるようになりました。

RISUきっずの繰り上がりの計算



年少の息子は20までしか数えられませんでしたが

指差ししながら30まで数えることが

できるようになりました。



また、50までの数字の概念や前後の関係

位取り(くらいどり)を理解し

1人でも問題が解けるようになりました。

RISUきっずの50までの位取りの問題


RISUきっずを体験して気づいた良い点・悪い点を口コミ

お試し体験して感じたRISUきっずの良い点と悪い点を口コミします。

RISUきっずを体験して感じた良い口コミは5つ

RISUきっずの良いところ

①スモールステップで理解しやすい

②子どもが自分で丸つけできる

③動画やメールのサポートがある

④読み上げ機能がある

⑤ご褒美がある

RISUきっずを体験して感じた良い口コミ①スモールステップで理解しやすい

1ステージに75問と問題数が多く

スモールステップで取り組むことができます

どこでつまづいているのか原因がわかりやすいです。



RISUきっずの初歩問題

最初は数字の概念から確認していくので

少しずつ理解していくことができます。


RISUきっずの問題例

扱う数が少しずつ増えたり


RISUきっずの問題例

ものの数を正確に数える問題も

徐々に数が増えています。

ものの数えるときの言葉(『鳥は◯わ』など)も

書かれているので国語の力もつきます。



RISUきっずの問題例

動画やイラストで足し算の概念である

+(たす)や=(イコール)の意味を学んだり

問題を実際に解いていきます。

RISUきっずの問題例

ステージの最終問題(75問目)は

3分間の時間制限があります。

素早く問題を解く力や学習内容が

きちんと習熟できているかを確認することができます。


小さな成功体験を積み重ねることで

子供が自信を持つことができます




RISUきっずを体験して感じた良い口コミ②子どもが自分で丸つけできる

RISUきっずの答え合わせ画面

問題を解いて「答え合わせ」ボタンを押すと

子供が自分で丸つけすることができます。



市販のドリルだと親が丸つけしないとですが

RISUきっずはその手間がないので助かります。

RISUきっずを体験して感じた良い口コミ③動画やメールのサポートがある

RISUきっずの先生動画

ステージを進むにつれて先生動画が届きます

自動再生ではないので子どもの好きな時に

落ち着いて見ることができます。


実は娘が初めて答えを間違ったとき

ショックで「もうやらない!」と泣きました。

間違いながら賢くなるんだよ〜と言いながら

気持ちを落ち着かせましたが

その時に見たのが先生動画です。




先生たちから届く動画を見ながら気分転換し

気持ちを落ち着かせることができました。

RISUきっずの先生動画

「よく頑張っているね」や「すごい!」など

ポジティブな言葉を使っているのが

子どもにとって効果的で良い点です。


正直あまり期待していませんでしたが(失礼)

親以外の人から教えてもらう経験がないので

こどもは新鮮な気持ちで動画を見ていました。


RISUきっずのメール学習サービス

メールによ学習サポートでは

学習のワンポイントアドバイスがあり

今どの問題を子どもが取り組んでいるのか

確認することができます。


登録したアドレスに届くので

両親ともに登録すれば情報が共有できます。



RISUきっずを体験して感じた良い口コミ④読み上げ機能がある

RISUきっずの音声読み上げ機能

RISUきっずには問題の読み上げ機能があります。

我が家は使いませんでしたが

まだひらがなやカタカナが読めない子や

LD(学習障害)の子でも読み上げ機能があることで

算数の問題にチャレンジすることができます。

RISUきっずを体験して感じた良い口コミ⑤ご褒美がある

RISUきっずのスペシャル問題

問題をクリアすると星がたまり

さらにその星がたまるとスペシャル問題に挑戦できます。


RISUきっずやRISU算数のポイントでもらえる景品

各ステージのがんばりポイントを貯めると

景品がもらえます。

ノートやペンなどの学用品やおもちゃなど

ポイントに応じて景品のランクが変わります。

こういうおまけ的なのって

子どもは大好きですよね



プレゼントがもらえるから頑張るというのは

外発的動機づけと言いますが

小さい子の学習の動機づけには一役買います。


RISUきっずを体験して感じた惜しい所を口コミ

次にRISUきっずを体験して惜しいと感じた点を口コミします。

RISUきっずの惜しいところ

①解答欄や選択欄が小さい

②指示ボタンに漢字が使われている

③タッチペンの精度がイマイチ


RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ①解答欄や選択欄が小さい

最初に見て思ったことですが

解答欄や選択肢の字が小さいです。


RISUきっずのタブレット画面

子どもが慣れるまでに少し時間がかかりました。

年少の息子は左利きなこともあり

数字のボタンにひじがよく当たって

エラーになっていました




RISUきっずのタブレット画面

どちらか選びましょうの問題では

数字をタッチしたくなりますが

タッチするのは小さな丸という。

せめてもう少し大きくならないかな。

RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ②指示ボタンに漢字が使われている

せっかく読み上げ機能まであるのに

指示ボタンに漢字が使われています。

RISUきっずのタブレット画面

「最初に戻る」や「答え合わせ」など

よく使うボタンだけに非常に残念です。


慣れれば平気ですが幼児向けである以上

ぜひ改善して欲しいところです。

RISUきっずを体験して感じた惜しい口コミ③タッチペンの精度がイマイチ

RISUきっずのタッチペン

普段からiPadなどで親しんでいる分

タッチペンの精度がイマイチな気がします。



特に運筆を練習中の年少の息子には難しく

何度もタッチしていました。



RISUきっずのタブレット画面

タッチペンにはお絵かきモードがありますが

線が細く、太さが変えられません。



数える時ペンで印をつけながら数えるのですが

線が細すぎてよく見えませんでした。




タッチペンの太さや色を変えれるような工夫

あればと思います。

ちなみにApple pencilは反応しませんでした。


RISUきっずのお試しをおすすめするのはこんな子

RISUきっずをおすすめするのは

次のようなお子さんです。

  • 今幼児で数への興味関心があり、算数を先取りしたい子
  • 今小学生で基本的な算数の事項を復習したい子


算数に特化しているだけあって

算数の基礎力や思考力を伸ばすには良いです。

特にお子さんが小さな頃から数に触れ

小学校の内容である足し算や引き算などの

数に興味をもっている場合には試す価値があります。


また現在小学1年生で、基本的な事項の振り返りをしたい子にもおすすめです。


1年生の算数でつまづくとその後の学年で

大きな影響を与えます。



今年はコロナの影響で復習時間があまり取れないので

今小学1年生で算数でつまづいているお子さんには

RISUきっずが良いかもしれません。




トモエの100玉そろばんをしならがRISUきっずのタブレットを使う子ども

100玉そろばんを使えばさらに理解度が深まります。


RISUきっず20日目の年少息子。引き算に入りました



RISUきっずの料金

受講する上で気になるのはRISUきっずの料金です。



RISUきっずの料金は月2480円(税抜)です。

入会金やタブレット代はかかりません。




他社のタブレット教材を月々の税込価格で比較した場合

RISUきっず2728円
すまいるぜみ3278円〜
WonderBox(ワンダーボックス)3700円

3社の価格を見てもRISUきっずは妥当だと感じます。



問題はRISUきっずには年間一括払いしかない点です。

月々の料金としていますが一括払いのみなので

年間29,760円を払うことになります。

月料金で見ると他社より安価にもかかわらず

一気に3万ほど払うので高く感じます



また算数に特化していて他の教科がない分

割高に感じるかもしれません。


ちなみにRISUきっずは月2480円ですが

全てのステージをクリアしてRISU算数に進むと

料金形態が変わります。


詳しくはRISU算数の料金ページをご覧ください。


RISUきっずクーポンでお試し体験してみよう

もしRISUきっずに興味があるけど

一気に3万払うのはちょっと…という方は

1週間のお試しをすることができます。




今だけ先着限定でクーポン番号ctc07aを入力すると

特別価格の1980円で1週間のお試しができます。


  • 1週間のお試し後、そのまま受講を続けたい場合は
    お試し期間中の料金は無料になります。
  • 1週間のお試し後、タブレットを返却する場合は
    送料が1980円かかります。


算数に興味があるお子さんや

基礎から学び直したいお子さんは

ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

\クーポンを使ってお得にお試し/

クーポンコード ctc07a



通信教育
この記事をシェアする
ちいこをフォローする

Twitterでは

ちいこ(@chicotton10)で

ブログ更新情報をつぶやいてます

気軽にフォローお待ちしてます★

我が家のおすすめ幼児通信教育
幼児ポピー

幼児ポピーはワークの質が非常に高く
各ページに思考力を育てる工夫が散りばめられていて
こどもが楽しく取り組むことができます。

毎月届く絵本にはシールが豊富にあり
工作や付録も充実しています。

デジタルコンテンツを使って
お話を聞いたり運動遊びをすることもできます。

親が子供にかける言葉がけが表記してあるので
親子で一緒にコミュニケーションをとりながら
学習しています。

980円と低価格なのも魅力的です。

最小限の費用で教育効果を高めたいというご家庭や
おもちゃはいらないというご家庭、
第二子以降のご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

こどもちゃれんじ

赤ちゃんの頃から遊びながらキチンと学べる教材です。

歯磨きやトイレトレーニングといった生活習慣で
何度もしまじろうに助けられました。
読み書きや論理的な思考を養う学習面では
ワークや知育玩具を使って楽しみながら学んでいます。

こどもちゃれんじのおかげで特に習い事もせずに
家庭で質の高い教育ができています。

知育玩具もあることから第一子の時に購読すると
長い目で見てお得です。

↓体験談はこちら

Z会幼児コース

体験型学習に力を入れていて子供の「なぜ?」を育てます。

伸び続ける学びの芽=【あと伸び】を育てることを目標に
ワークで学力の基礎をつけながら
体験教材のぺあぜっとで体験的な学習を学びます。

平日はワーク、休日は体験教材というように
学習時間を分けてできるのも特徴です。

こどもの好奇心を広げたいご家庭や
座学プラス観察実験や食育を深めたいご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

おうち学園