【無料でもらえる】幼児向け学習教材はこちら

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ!5歳娘がやってみた

WonderBox(ワンダーボックス)画面通信教育

2020年4月から始まった新しいタイプの通信教材

WonderBox(ワンダーボックス)について紹介します。

  • WonderBoxってどんな内容?
  • WonderBoxの口コミは?
  • 体験談が知りたい!



5歳の娘がWonderBox(ワンダーボックス)を

体験したので口コミレビューします。

この記事でわかること
  • WonderBoxの内容
  • WonderBoxのお試しレビュー
  • WonderBoxのメリットとデメリット
  • WonderBoxをおすすめする家庭
  • WonderBoxの料金とお得に始める方法




WonderBox(ワンダーボックス)とは?

WonderBox(ワンダーボックス)とはどういう教材なのか

時間がない人のために最初にまとめます。

WonderBox(ワンダーボックス)の特徴
  • 4〜10歳対象
  • STEAM教育に注力
  • デジタルとアナログを融合した全く新しい形の教材
  • シンクシンクを作ったワンダーラボが全て自社開発した教材

以下で詳しく見てみましょう。



ワンダーラボが作った教材

WonderBox(ワンダーボックス)とは

シンクシンクでお馴染みのワンダーラボさんが

作った新しいタイプの通信教材です。



先日休校対策でシンクシンクの記事を書いた時

ワンダーラボさんからメールをいただき

何通かやり取りをしたのですが

とてもユーザーファーストの会社だと感じました。



その時の記事はこちら。



儲けよりもこどもたちのため」という

姿勢に胸を打たれ、そんなワンダーラボさんが

出す教材はどんなものなんだろうと

興味を持ちました。


Wonderboxはワンダーラボさんが

全て自社開発している教材です。

シンクシンクをカンボジアで実施したところ

IQの数値が顕著に伸びた実績がありますが

その経験やノウハウが詰め込まれたものになっています。

STEAM教育に対応した教材

WonderBox(ワンダーボックス)は

4歳から10歳を対象にした

STEAM教育の通信教材です。

STEAM教育とは?

S=Science(科学)

T=Technology(技術)

E=Engineering(工学)

A=Art(芸術)

M=Mathmathics(数学)



それぞれの頭文字をとって

STEAM教育(スティーム教育)

と呼んでいます。



小学校からプログラミング教育が始まりますが

これもSTEAM教育の一部です。


スティーム?難しくてわけわからん

ざっくり言うと

理系の力と創造力を合わせて

問題解決しよう!ということです



WonderBox(ワンダーボックス)の内容は?

wonderboxの画面

WonderBoxの教材の最大の特徴は

アプリとキットの2種類で構成されている

ということです。

デジタルとアナログの良い所を掛け合わせた

新しいタイプの通信教材です。


1. WonderBoxのアプリ

WonderBox(ワンダーボックス)のアプリでは

毎月7〜10種類の内容が届きます。

専用のタブレットがあるわけではなく

自分が持っているタブレットを使います。


年間を通じて

  • 思考力
  • プログラミング
  • アート
  • 科学

を学びます。

※科学の内容に関しては2021年1月からの予定になっています。


年間スケジュールが知りたい方はこちら

2. WonderBoxのキット

WonderBoxのキットが毎月自宅に届きます。

ワークでプログラミング的思考を養ったり

タングラムで新しいものを創造したりと

楽しそうな教材がたくさんあります。


タングラムとは形を組み合わせて作る

シルエットパズルのことです。


キットについては公式動画を見た方が早いので

詳細が気になる方はこちらをご覧下さい。

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ

5歳の娘がアプリをお試し体験したので

WonderBoxの口コミとして紹介します。



WonderBoxのお試し版では

アプリの一部が体験できます。

娘が体験したのは以下の5つです。

①バベロンプラス

②ミッションハンター

③コードクラフターズ

④ずっこけびじゅつかん

⑤ジュニアランド

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ①バベロンプラス

WonderBox(ワンダーボックス)のバベロンプラス
身につくこと

プログラミング的思考

バベロンプラスではバベロンの塔を完成させるゲームです。

お試し版では「あつめてぴったん」というゲームが体験できます。

WonderBox(ワンダーボックス)のあつめてぴったん

矢印を動かして青いブロックを

緑のブロックにくっつけます。

クリアすると難易度がどんどん上がります。

WonderBox(ワンダーボックス)のあつめてぴったん

どうやったらゴールに辿り着けるか

筋道を立てる思考力を養います。

まさにプログラミング的思考!

娘は最初「どうやってやるのー!?」と

困惑し、矢印ではなくブロックを

スワイプしていました。

やり方がわかるとどんどん解いていました。

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ②ミッションハンター

WonderBox(ワンダーボックス)のミッションハンター
身につくこと
  • 創造力
  • 表現力
  • 情報リテラシー

ミッションハンターはボスの司令に

写真で答えるというものです。




最初にミッションハンターの心得として

人が嫌になる気持ちになる写真や

見られてくない写真は送らないといった

情報リテラシーを学びます。


次に写真を撮る練習をします。

WonderBox(ワンダーボックス)の情報リテラシー配慮

写真を撮ってすぐに送信するのではなく

いったん立ち止まって自分の撮った写真を

チェックする機能があります。

こういう機能は大事

WonderBox(ワンダーボックス)のミッション例

ボスの部屋から来るミッションに答えます。

顔に見えるもの…探しに行こう!



部屋の中をうろつきながら

何とかできたようです。

WonderBox(ワンダーボックス)のミッション例

撮った写真はアルバムの中に入ります。

他のお友達が投稿した写真も見ることができます。



WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ③コードクラフターズ

WonderBox(ワンダーボックス)のコードクラフターズ
身につくこと

プログラミング的思考

コードクラフターズではまさに

プログラミング的思考を養います。

潜水艦がコインをゲットできるように

矢印を組み合わせてコードを作ります。

WonderBox(ワンダーボックス)のコードクラフターズ

コインを取る道筋を指でなぞりながら

矢印を入力する様子はまさにプログラミング!



本編ではもう少し複雑な内容も出てくるようです。

WonderBox (ワンダーボックス)のコードクラフターズ

内容は2ヶ月ごとに更新されるので

常に新しいテーマに挑戦できます。

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ④ずっこけびじゅつかん

WonderBox(ワンダーボックス)のずっこけびじゅつかん
身につくこと
  • 観察力
  • 創造力
  • 発想力
  • ユーモアのセンス



ずっこけ美術館では2コマ漫画を作成します。

WonderBox(ワンダーボックス)の2コマ漫画

2コマ漫画の仕組みを理解したあと

お題に挑戦します。

WonderBox(ワンダーボックス)の2コマ漫画

お題の絵をよく見ながら模写するので

観察力がつきます。

WonderBox(ワンダーボックス)の2コマ漫画

どんなオチにしようか考えるので

発想力や創造力を養います。

りんごが出てきたら

みんなびっくりするかな〜?

自然とユーモアのセンスも身につきます。


ミッションハンターの写真の時と同じく

他のお友達の作品を見ることができます。

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミ⑤ジュニアランド

WonderBox(ワンダーボックス)のジュニアランド
身につくこと
  • 数の大小や仲間分けといった算数的思考
  • 論理的思考力

ジュニアランドの対象は年長さんまでとなっています。


WonderBox(ワンダーボックス)のパオパオアイランド

お試し版ではパオパオアイランドという島で

動物たちにごはんをあげたりします。

WonderBox(ワンダーボックス)のもぐもぐフルーツ

基本的なタブレットの操作はもちろん

仲間分けや数の大小といった算数の学習もできます。

WonderBox(ワンダーボックス)のロケットたんけん

ロケットを惑星に到着させる問題は

まさにシンクシンクのラッキーバルーンのようです。

まっすぐ飛ぶにはどの方向にすればいいのか

論理的思考力を養います。

3歳の息子もやってみましたが

ジュニアアイランドはできました

3歳後半でもギリギリ使えそうですが

発達的にまだできないものも多いので

元を取るなら対象年齢の4歳から

始めた方が良さそうです。



4歳以上なのでWonderBoxを申し込む

WonderBox(ワンダーボックス)のここがおすすめ

  • 思考力や表現力が磨ける
  • 学びを他人と共有できる

WonderBoxを試した感想を娘に聞くと

「全部楽しかった〜!」と答えていました。


プログラミング的思考を養う問題は

親から見て少し難しいかな?と思う

箇所もありました。

しかし一度やり方を教えると最後まで

一人で解くことができました。


WonderBox(ワンダーボックス)は

「こうでなければならない」という

決まった正解を求めるものではなく

答えを導くまでの思考力であったり

表現力を磨くことに重きを置いているので

その点がとても魅力的

だと感じました。





また、ワンダーボックスは

自分の作品を写真に撮ってアップすることで

表現する楽しさを感じることができます。

他のお友達がアップした作品を見て

刺激を受けたり新たな発見をすることができます。

学びを他の人と共有できるところが

斬新で面白い

と感じました。

斬新でおもしろいWonderBoxを申し込む

WonderBox(ワンダーボックス)のメリットとデメリット

WonderBox(ワンダーボックス)のメリット

  • 子供が自ら進んで学べる
  • 学びを他の人と共有できる
  • 学校の勉強とは異なる学習内容が学べる

こどものやりたい!という

気持ちを優先しているので

大人が側にいなくても一人でどんどん

進めることができます。

とにかくワンダーラボ独自の

カリキュラムが豊富なので

地頭を良くするにはもってこいです。




夢中になりすぎて子供がやりすぎてしまう

ことを気にする親御さんもいると思いますが

やりすぎ防止におやすみ機能があり

時間を設定することができます。

WonderBox(ワンダーボックス)のおやすみタイマー機能

最短30分から設定できるので

お子さんのやりすぎを防ぎます。

WonderBox(ワンダーボックス)のデメリット

  • タブレットやWi-Fi環境を用意しなければならない
  • 基礎教科が学べるわけではない

WonderBoxは受講するのにアプリで通信を行うので

タブレットとWi-Fi環境を推奨しています。

我が家は私のiPadで体験させましたが

タブレットを持っていないご家庭は

まずはタブレットを準備する必要があります



WonderBox(ワンダーボックス)は

画面サイズが10インチ以上あり

3万円台で手に入るおすすめとして

  • Apple iPad【モデル番号:A2197】
  • Lenovo Tab P10 【製品番号:ZA440021JP / ZA450125JP】
  • NEC Lavie Tab E 【型名:TE710/KAW】

という3つのタブレットを挙げています。



子供用のタブレットを持っていないご家庭は

これを機にタブレットの購入を

考えてみてはいかがでしょうか。



また、Wonderboxには学校で習うような

基礎教科はありません。

幼児期に必要な読み、書き、計算といった

基礎学力を付けさせたいという方には

他の教材をおすすめします。




他の通信教育教材と比較する場合はこちら。


WonderBox(ワンダーボックス)をおすすめする家庭

WonderBoxをおすすめする家庭は以下のようなご家庭です。

  • タブレットとWi-Fi環境を用意できる
  • STEAM教育やプログラミング教育を始めてみたい
  • デジタルとアナログの両方を楽しみたい
  • 子供が自己表現するのが好き
  • シンクシンクが好き



WonderBox(ワンダーボックス)は

STEAM教育に力を入れた教材なので

プログラミング教育が気になるけど

何から始めたらいいのかわからない

いうご家庭にぴったりです。

WonderBoxは兄弟受講もできます。

月1850円で箱の中のワークと

アプリのアカウントがもらえます。

知育おもちゃを増やしたくないご家庭にも

ぴったりです。



WonderBoxの中にはシンクシンクの

有料の内容も含まれているので

現在シンクシンクを有料で使っている人は

解約してWonderboxに移行した方が

よさそうです。

(公式でもそのように推奨しています)



今すぐWonderBoxを申し込む

WonderBox(ワンダーボックス)の料金とお得な受講方法

気になるWonderBoxの料金ですが

年間払いと半年払い、月々払いの3種類が選べます。

月々の料金

12ヶ月一括払い6ヶ月払い月々払い
3700円4000円4200円

※表示は2020年7月時点での税込価格です。

一括で払った方が月々500円もお得です。

年間にすると6000円の差だから

これは大きい!

ワンダーボックスを始めるなら

年間一括がダントツでお得です。



途中で解約しても返金制度があるので

迷ったら一括をおすすめします。


一括でWonderBoxを申し込む



WonderBox(ワンダーボックス)の内容と口コミまとめ

WonderBox(ワンダーボックス)の口コミをまとめます。

WonderBox(ワンダーボックス)の特徴
  • 4〜10歳対象
  • STEAM教育に注力
  • デジタルとアナログを融合した全く新しい教材
  • シンクシンクを作ったワンダーラボが全て自社開発した教材
体験してわかったWonderboxで身につく力
  • プログラミング的思考
  • 算数的思考
  • 論理的思考力
  • 創造力
  • 表現力
  • 観察力
  • 発想力
  • 情報リテラシー
  • ユーモアのセンス
ワンダーボックスのここがおすすめ
  • 思考力や表現力を磨ける
  • 学びを他人と共有できる

始まったばかりの教材ですが

とにかくやり方が今までの教材とは全く違います。

従来のものとは違う通信教育を

始めてみたいというご家庭は

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。




今なら7月31日までの申し込みで

全員に夏休み特別ワークブックがもらえます。




7月号と8月号ではペーパーラボという

新しく始まる紙教材も届くので

夏休み中のお子さんにもぴったりですね。



\申し込むなら一括がお得です/






通信教育
この記事をシェアする
ちいこをフォローする

Twitterでは

ちいこ(@chicotton10)で

ブログ更新情報をつぶやいてます

気軽にフォローお待ちしてます★

我が家のおすすめ幼児通信教育
幼児ポピー

幼児ポピーはワークの質が非常に高く
各ページに思考力を育てる工夫が散りばめられていて
こどもが楽しく取り組むことができます。

毎月届く絵本にはシールが豊富にあり
工作や付録も充実しています。

デジタルコンテンツを使って
お話を聞いたり運動遊びをすることもできます。

親が子供にかける言葉がけが表記してあるので
親子で一緒にコミュニケーションをとりながら
学習しています。

980円と低価格なのも魅力的です。

最小限の費用で教育効果を高めたいというご家庭や
おもちゃはいらないというご家庭、
第二子以降のご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

こどもちゃれんじ

赤ちゃんの頃から遊びながらキチンと学べる教材です。

歯磨きやトイレトレーニングといった生活習慣で
何度もしまじろうに助けられました。
読み書きや論理的な思考を養う学習面では
ワークや知育玩具を使って楽しみながら学んでいます。

こどもちゃれんじのおかげで特に習い事もせずに
家庭で質の高い教育ができています。

知育玩具もあることから第一子の時に購読すると
長い目で見てお得です。

↓体験談はこちら

Z会幼児コース

体験型学習に力を入れていて子供の「なぜ?」を育てます。

伸び続ける学びの芽=【あと伸び】を育てることを目標に
ワークで学力の基礎をつけながら
体験教材のぺあぜっとで体験的な学習を学びます。

平日はワーク、休日は体験教材というように
学習時間を分けてできるのも特徴です。

こどもの好奇心を広げたいご家庭や
座学プラス観察実験や食育を深めたいご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

おうち学園