【無料でもらえる】幼児向け学習教材はこちら

3歳と5歳の子供にiPadを与えた影響は?【メリットとデメリット】

デジタル

3歳と5歳の我が子にiPadを与えて数ヶ月が経ちました。

どのような影響が表れたのか

メリットとデメリットに分けて紹介します。

この記事はこんな人向け
  • こどもにiPad(タブレット)を与えるとどうなるか知りたい人
  • これからこどもにタブレットをあげようかと考えている人

ちなみに子供たちが使っているiPadは

私が昔使っていた初代iPad Airです。

iPad AirとiPad Pro

子供にiPadを与えたメリット

こどもにiPadを与えて得られたメリットを4つ紹介します。

①知識が増えた

当たり前のことかもしれませんが

アプリを活用することで知識が増えました。


アプリの種類にもよりますが

我が家では以下の知識が増えました。

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 英語
  • 地図
  • 歴史(時代と人物)




知識を取り入れるインプットの道具として

iPadは最適です。


②学習のアウトプットが増えた

iPadを使うことで

学習のアウトプットが増えました

アウトプットとは

学んだことを出力するという意味で

ここではiPadを使って

知識を活用するという意味合いで

使っています。

特に学習成果が顕著だったのは

文字と地図です。


文字

3歳の息子がひらがなとカタカナを覚えました

インプットとして部屋にポスターを貼るなど

文字に親しみやすい環境を作っていました。

壁一面に貼られたひらがな表

指差しでポツポツよむことはありましたが

単語レベルではまだ読めませんでした。



しかしひらがなアプリやカタカナアプリを

積極的に使ったところ

ゲーム感覚で文字を学んでいきました。



1文字、2文字と確認するところから始まり

だんだん確認する語が長くなり

最後は「〇〇はどれかな?」と

単語レベルでの認識ができるようになりました。




地図

3歳息子と5歳娘が日本地図を完璧に覚えました


インプットとして

日本地図ポスターをトイレに貼ってみたり

都道府県かるたで遊んだりしていました。

都道府県かるたの読みと日本地図


iPadで日本地図の学習にハマり

タイムトライアルを何度もした結果

日本地図(都道府県名と形、場所)を

完璧に覚えることができました。



③好奇心が増えた

iPadを使って知らないことを調べることができるので

わからないことを知りたいという好奇心が増えました



5歳の娘は本が大好きで毎日読んでいますが

ルビのない私の持っている雑誌や

お菓子のパッケージに書いてある言葉など

「これ何て読むの?」と聞くことが増えたので

筆順辞典で漢字を調べることを教えました。

常用漢字筆順辞典【広告付き】

常用漢字筆順辞典【広告付き】

NOWPRODUCTION, CO.,LTD無料posted withアプリーチ

このアプリを使っています。

「そっかー。こう読むんだ〜」と

知らない字を自分で調べるようになりました。

辞書で調べる方法もありますが

難しい辞典はまだ読めないので

手書きで判別してくれるデジタルの辞典が

我が家で活躍しています



④自己表現するようになった

いろんなアプリを使って

自分を表現するようになりました

具体的に言うと

娘がカメラアプリを使うようになりました。


インカメラがどこにあるか把握して

カメラに向かってにこっと笑ってみたり

スタンプを押してデコったりしています。

学生時代にプリクラに

ハマったような感覚ですかね





その他にもデジタルの絵を書いたり

描いた様子を再生して祖父母に見せたりと

自分のアイデアを表現するようになりました。

5歳の女の子がデジタルで描いた絵




子供にiPadを与えたデメリット

次にこどもにiPadを与えたデメリットを2つ紹介します。

①一台なので取り合いになる

我が家では主人、私、こども用と3台のiPadがあります。

こどもは2人でひとつのiPadを使っています。

大人用のiPadは仕事でも使う大事なものなので

壊されると困るので使わせていません。

私iPadする〜!

僕もする〜!

ダメ!私が先!!

このような小競り合いが毎日起きています。



これを解決する案は2つあります。

案①もう一台タブレットを購入する。

案②時間交代を厳守させる。

案①は現在保留中です。



案②の時間交代制で15分交代で使っています。

使うとついつい夢中になってしまうので

最初に決まりを作っておくと良いですね。



②特定のアプリばかり使うようになる

こどもに好きなものをやらせると

特定のアプリばかりを使うようになります




我が家ではiPadで

遊びタイムと勉強タイムを分けていますが

遊びタイムのときはYouTubeKidsを選んでいました。

わかってはいましたが

こどもってYouTube好きですよね




YouTubeキッズではアニメの特集や

キャラクターが出てくるものやら

おもちゃのレビューやら

本当にたくさんの種類の動画があります。

それだけYouTubeが魅力的ということですが

親としてはいろんなアプリも試してほしいのが本音です



対策として2つ。

案①Youtubeを見せっぱなしにせず
  そこから学びにつなげる

案②魅力的なアプリを探す

YouTubeは単に見るだけではなく

そこから学んだことをアウトプットする

そんなしかけを作成中です。



さらに魅力的なアプリがないか

探すのもいいかもしれません。


小さい頃に使っていたけど

最近は使わなくなったアプリは消すなどして

こどもの興味関心にあったアプリを選びたいですね。


【追記】

②の魅力的なアプリを試したところ

YouTubeキッズを見ることが

飛躍的になくなりました。

今ではほとんど見ていません。



無料で使える魅力的なアプリはこちら。




子供にiPadを与えたメリット・デメリットまとめ

3歳と5歳の子供にiPadを与えて表れた

メリットとデメリットをまとめます。

メリット
  • 知識が増えた
  • 学習のアウトプットが増えた
  • 好奇心が増えた
  • 自己表現するようになった


デメリット
  • 一台なので取り合いになる
  • 特定のアプリばかり使うようになる

今のところメリットがかなり大きいので

今後も見守りながら使用させていくつもりです。




子供にiPadを買うならどれにする?

現在、子供用iPadの2台目として

購入を考えているのは第4世代のiPad Airです。

私が使っているApple pencil(第二世代)に

子どもが興味を持ってきたし

指の操作も十分になってきたので

そろそろ次の段階かなと考えています。




普通のiPadもいいかな〜と考えましたが

ペンの操作性や充電のことを考えると

第二世代のApple pencilが使える

iPad Airがおすすめです。



デジタル
この記事をシェアする
ちいこをフォローする

Twitterでは

ちいこ(@chicotton10)で

ブログ更新情報をつぶやいてます

気軽にフォローお待ちしてます★

我が家のおすすめ幼児通信教育
幼児ポピー

幼児ポピーはワークの質が非常に高く
各ページに思考力を育てる工夫が散りばめられていて
こどもが楽しく取り組むことができます。

毎月届く絵本にはシールが豊富にあり
工作や付録も充実しています。

デジタルコンテンツを使って
お話を聞いたり運動遊びをすることもできます。

親が子供にかける言葉がけが表記してあるので
親子で一緒にコミュニケーションをとりながら
学習しています。

980円と低価格なのも魅力的です。

最小限の費用で教育効果を高めたいというご家庭や
おもちゃはいらないというご家庭、
第二子以降のご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

こどもちゃれんじ

赤ちゃんの頃から遊びながらキチンと学べる教材です。

歯磨きやトイレトレーニングといった生活習慣で
何度もしまじろうに助けられました。
読み書きや論理的な思考を養う学習面では
ワークや知育玩具を使って楽しみながら学んでいます。

こどもちゃれんじのおかげで特に習い事もせずに
家庭で質の高い教育ができています。

知育玩具もあることから第一子の時に購読すると
長い目で見てお得です。

↓体験談はこちら

Z会幼児コース

体験型学習に力を入れていて子供の「なぜ?」を育てます。

伸び続ける学びの芽=【あと伸び】を育てることを目標に
ワークで学力の基礎をつけながら
体験教材のぺあぜっとで体験的な学習を学びます。

平日はワーク、休日は体験教材というように
学習時間を分けてできるのも特徴です。

こどもの好奇心を広げたいご家庭や
座学プラス観察実験や食育を深めたいご家庭におすすめです。

↓体験談はこちら

おうち学園